SDGsの達成に向けた取り組み

大末建設は事業活動を通じ、
SDGsの達成に向けた取り組みを推進してまいります

SDGs(持続可能な開発目標)について

SDGs(エス・ディー・ジーズ)とは、2015年9月の国連サミットで採択された、持続可能なよりよい世界を目指すための、2030年までに達成すべき17の国際目標のことです。
SDGsは、「誰ひとり取り残さない(Leave No One Behind)」という共通理念のもと、子どもや孫といった、将来の世代のことまで考えた開発(持続可能な開発)を目指しており、世界中の民間企業で取り組みが広まっています。
※SDGs・・・Sustainable Development Goalsの略称です。日本語では、「持続可能な開発目標」と訳しています。

大末建設の取り組みについて

大末建設では、2020年度からスタートした中期経営計画 「Challenges for the future」で、社会課題の解決への責任(CSR)と持続可能な開発目標(SDGs)を踏まえた取り組み方針を定めています。
この取り組み方針では、ESG(環境、社会、企業統治)の3分野について、重要課題を設定するとともに、課題解決に向けた具体的な取り組み例と管理目標を設定しており、大末建設では、これらの取り組みを通じてSDGsの達成に貢献してまいります。

CSR及びSDGsに対する取り組み方針

取り組み例と管理目標(KPI)

ページの先頭へ